転勤先の不動産物件を探す方法のメリット・デメリット

転勤が決まると、新しい住まいを探す必要がありますね。
転勤の場合はたいてい、会社で用意する社宅などか賃貸の不動産物件を探すことになると思います。
転居先を会社で紹介してもらう場合のメリット・デメリット
賃貸アパートやマンションなどの不動産を探すには一般的に、

  • 転勤エリアの引越し先の目星をつけて
    自分で不動産会社を見つけて紹介してもらう
  • 会社で転勤先近くの不動産会社を紹介してもらい、
    その不動産会社に物件を紹介してもらう

というパターンが多いようです。


 

会社で紹介してもらった不動産会社で物件を紹介してもらう場合のメリット、デメリットには、

  • メリット:自分で不動産会社を探す必要がない
  • デメリット1:取扱い不動産の物件数や情報量が少ない
  • デメリット2:1回(1日)で気に入った物件が探せない可能性がある

という点が挙げられます。

 

不動産会社を会社から紹介してもらうのではなく、自分で探す場合も同様に、
その不動産会社で紹介してもらえる物件から選ぶことになるので、
紹介してもらえる不動産物件数が少ない、情報量が少なくなる可能性があります。

 

また、取り扱っている物件数が少ないために、気に入った部屋を1回(1日)で探すことができず、
数回に渡って探しに行かなくてはならない、契約も別の日、などということもあります。

 

気に入った物件に引っ越すには

このようなデメリットを解消するには、
インターネットの不動産物件検索サイトを最大限活用するとよいでしょう。

 

インターネットなら、平日の夜でも自宅で賃貸物件を探すことができますし、
気になる物件があったらWEBからその場で問合せすることも可能です。

 

転勤時は何かと忙しく出費も意外に多いので、時間と費用は効果的に使うようにしましょう。

引越し,住まい,賃貸物件

転居先を会社で紹介してもらう場合のメリット・デメリット<関連の記事>

違約金の支払いは必要?
賃貸マンションやアパートなどを借りている場合、退去する際に気をつけておきたいのが違約金の支払いです。