賃貸マンションの解約について

数か月分の違約金になる場合も・・・

賃貸マンションなどの賃貸物件(賃借物件)の場合、
たいていの契約書には「契約期間」と「契約解除の予告期間」という内容があります。

 

契約期間とは、契約開始から契約満了(終了)までの期日のことで、
契約解除の予告期間とは、
退去する○ヶ月前には退去すること(契約解除すること)を連絡しなさい、というものです。

 

たいていの場合、契約期間は1〜2年、契約解除の予告期間は1〜2ヶ月くらいで設定されています。
また、契約書内では特約事項として記載されている場合もあります。

 

契約書をよく確認し、

  • 契約期間満了前に解約する場合
  • 退去する1ヶ月前までに退去の連絡しない場合

などの内容がある場合、
この契約期間内の中途解約になる場合や退去の予告連絡の期日を過ぎてしまった場合は、
違約金として数ヶ月分の家賃支払いになることがあります。

 

また、連絡するだけではなく、
書面で手続きしなくてはいけない場合もあるため注意が必要です。

 

ですので、引越しすることが決まったら、早めに不動産会社へ連絡し、
転居先との家賃の二重払いや違約金の支払いなど、不要な出費にならないようにしましょう。

 

引越し,賃貸,違約金

違約金の支払いは必要?<関連の記事>

転居先を会社で紹介してもらう場合のメリット・デメリット
転勤が決まると、新しい住まいを探す必要があります。会社から紹介してもらう場合のメリット・デメリットは?