転勤の引越し作業を減らすポイント

引越しの荷造り・荷解きを簡単にする方法とは?

転勤時の引越しは、通常の転居よりも時間の余裕がないことがほとんどです。

 

できるだけ荷造りや荷解き(引越し先での荷物の設置・配置のこと)を
楽に、簡単にするには、荷物の量を減らすことがポイントです。

 

そのためには、持っていくものと捨てるものを分けることが重要です。

 

「なかなか捨てられない」ものもあると思いますが、思い切って処分することを考えましょう。
使わない期間が3ヶ月を超えたら処分を考えるというのが一般的な目安と言われています。

 

 

ゴミとして処分するなら

ゴミとしての処理を考えるなら、各市町村の分別区分に従って処分します。

 

粗大ゴミとして出すなら、市町村によっては回収が1回/月のところもありますので、
回収日や申し込み方法をよく確認しましょう。

 

また、燃えるゴミなどは無料でも、粗大ゴミは有料のシールを購入しなくてはならなかったり、
事前の申し込みが必要な場合があるので注意しましょう。

 

 

不要なものをリサイクル品として買取りしてもらうには

不用品(不要品)を引越し料金の足しにするには、
リサイクルセンターに売ったり、ネットオークションに出してみるというのもよいでしょう。
リサイクルセンターは、実店舗だけでなく、インターネットからも申し込みできるものがあり便利です。

転勤,引越し,荷造り,不用品