支給される手当・費用を確認

転勤時の支給手当や負担金等の一覧

転勤が決まったら、社宅や寮、借上げマンションなど、すぐに住める住居があるか確認するとともに、
支給される手当類も確認しましょう。

 

転勤に伴って支給される手当ては、会社により名称も内容もさまざまです。
例えば、次のようなものがあります。

 

現住地から赴任地までの旅費

本人・家族が、自宅(現住地)から赴任地まで移動するのにかかる交通費にかかる手当てです。
出張旅費と同じように支給される交通費と考えてよいでしょう。

 

家族で引っ越す場合の多くは、家族一緒で転居しますが、まず本人が単身赴任して、
その後、家族を引き纏める場合もあります。
家族を引き纏める際の、転居先から元の自宅までの往復費用を出してくれる会社もあるようです。

 

※引き纏めとは、本人だけが先に転勤先へ引っ越し、
   その後に家族を呼び寄せて一緒に生活できるようにすることをいいます。

 

引越手当(荷造運送費)

引越し業者に支払った費用の全額または一部を負担してもらえる手当です。
会社で指定する業者・引越しパックなどを利用した場合は全額負担、
または、一定額を負担する場合がほとんどのようです。

 

また、引越しの支度金として、
家具や家電品などの生活必需品を購入する手当ても含めて支給される場合もあるようです。

 

その一方で、引越し代を負担してもらえない会社もあるようです。
引越し貧乏にならないように、引越し料金は節約したいものですね。

 

赴任手当(転勤支度金)

転居先で生活するための家具や家電品などの生活必需品を購入するための費用負担です。
一般に、最低限必要な生活必需品が揃えられるかどうかといった金額が相場のようです。

 

再入園料・入学金負担金

幼稚園の転園、私立学校等の転校時にかかる入園料や入学金を負担してくれる制度です。
このような手当てが出る企業は稀のようです。

 

着後手当

転勤後にすぐに生活できるようにするために会社から出る補助、または、
引越し時の荷物の到着遅延等が理由でホテル・旅館等に宿泊滞在した場合の費用を
負担してもらえる手当てのことを指すようです。

 

単身赴任手当(別居手当)

単身赴任した場合の手当てです。
寮や借り上げマンションなどに住み、家族と別居している場合に支給対象となります。

 

生活費が二重にかかることに対する補助ですが、
一般的に、単身赴任手当を支給されても生活費は足りないことが多いです。

 

帰宅交通費

単身赴任(家族と別居)している場合の、自宅から単身赴任先までの交通費を
負担してもらえる手当てです。
月に1〜2回分の往復交通費を手当てとして給料と一緒に支給されることが多いようです。

 

企業で支給されている手当てを紹介しましたが、同じ手当名称でも内容が違う場合もあります。
また、ここで紹介した全ての手当てが、どの会社でも支給されているわけではありません。
会社独自の支給基準があるはずですので、総務課など、担当部署で確認してみてくださいね。

手続き日で損をしないようにするには?

手当てはもらえる条件が揃えば、もらったほうが得です。

 

また単身赴任手当など、月額いくら、と支給額が決まっている手当ては、
申請日が16日以降だと半額になるなど、減額されることもあるようです。

 

手当ての申請はできるだけ早めに届出るようにしましょう。
担当部署での手続きが遅れると、もしかしたら損をしてしまうかも知れません。

 

早め早めの行動を起こすのが、転勤に失敗しないコツです。

転勤,引越し,手当

手当てがあるか・出るかどうか<関連の記事>

社宅や寮があるかを確認しよう
転勤が決まってから一番悩むのは住まいのことでしょう。家族で引越しするか、単身赴任にするかの選択にも影響するので、まず始めに確認しましょう。