転勤の引越し手続き・届出の概要

引越しの準備計画を立てる前に・・・

転勤が決まってから転居先への引越しが完了するまで、いろいろな手続きや準備が必要になります。

 

まず最初に大雑把でいいので、何をしなくてはいけないのかを確認しておきましょう。
だいたいの流れをつかんでおいたほうが引越し準備はうまくいきますよ。

 

そしてやるべきことを確認したら、
必要な手続きのリストアップや準備・用意するものなど詳細を計画し、
引越し日に間に合うよう、スケジュール化してみましょう。

 

転勤の引越し手続き・準備にはどんなものがある?

一口で引越しといっても、家族で引越しするのか単身赴任するのかによって、
必要な手続きや準備するものが違ってきます。
一般的な手続きや届出などをまとめますので参考にしてください。

 

家族で引っ越す場合

家族で引越しすることになった場合は、やるべき手続き・届出も多くなりますし、
引越しも大掛かりになりますので、ムダなく行動するようにしましょう。

  • 今の住まいの退去連絡
    → 赴任日が決まれば引越し日も決まるでしょう。
         違約金の支払い(家賃の二重払いなども)や敷金返金などにも関わるので連絡は早めに。

  • 転居先の住まいを決める
    → 社宅(または借上げマンション等)にするか自分で賃貸物件を探して契約する。

  • 引越しの見積り・引越し業者の決定
    → 複数社から見積りを取ってみると、引越し料金やサービスなどの比較が可能。

  • 小学校・中学校・高校の転校手続き
    → 公立の学校と私立の場合では手続き方法が異なります。

  • 電気・ガス・水道・電話などの手続き
    → 今の住まいと転居先の両方の手続き・届出が必要です。

  • 住所変更に伴う各種手続き
    → 転出・転入届などの市区役所での手続きや銀行・クレジットカード等の住所変更も必要です。

  • 引越し
    → 荷造りや荷解きも大掛かりになるので、効率よく進めましょう。

  • 会社関係の各種手続き
    → 引越し費用・家族全員分の交通費(旅費)などの清算をしましょう。

  • 会社関係の住所変更手続き
    → 基本的には会社で手続きしてもらえます。

 

単身赴任の場合

一般に単身赴任の場合は、やるべき手続き等は少ないです。

  • 転居先の住まいを決める
    → 寮(社宅・借上げマンション等)にするか自分で賃貸物件を探して契約する。

  • 引越しの見積り・引越し業者の決定
    → 複数社から見積りを取ってみると、引越し料金やサービスなどの比較が可能。

  • 電気・ガス・水道・電話などの手続き
    → 転居先の住所と引越し日が確定すれば届出可能。

  • 引越し
    → 電化製品などは新規に購入する必要があるかも。

  • 会社関係の各種手続き
    → 引越し費用・交通費(旅費)などの清算をしましょう。

  • 会社関係の住所変更手続き
    → 基本的には会社で手続きしてもらえます。

転勤準備で妻にかかる負担は?

転勤というと、まず一番初めに思い浮かべるのが引越しのことでしょう。

 

夫は仕事の引継ぎや挨拶回り、送別会(激励会・壮行会)など、
会社のことで手一杯になってしまうため、一般的には
引越しの手続きや業者の手配、荷造りなどのほとんどを妻がする場合が多いようです。

 

また、賃貸物件を借りる場合、転居先を決めるのは夫婦二人かもしれませんが、
実際の物件契約は、妻が不動産会社に行くということになるかもしれません。

 

引越しは、思った以上に手間と費用がかかるので、
効率よく、そして段取りよく準備を進めることが重要です。

 

インターネットを使える手続きや準備するものの用意などは、
時間と交通費の節約にもなりますので、積極的に活用したいものですね。

 

転勤,引越し,準備

引越し準備でやらなければいけないこと<関連の記事>

引越しスケジュールを立てよう
転勤時はやらなければいけないことが山積みなので、効率よく準備を進めるために、何をしなくてはいけないかリストアップしましょう。