用意・準備するもののリストアップ

引越しの大まかなスケジュールを計画する

転勤に伴い、家族で引越しするか単身赴任するかによって若干の違いはありますが、一般に、
自分でしなければいけないのは主に引越しに関係する準備や作業・手続き・届出などになります。

 

突然転勤が決まることもありますが、
ここでは引越しまで1ヶ月あるとしてスケジュールを立ててみます。

 

引越しに必要な手続きや届出などの概略のみを記載しますので、
大まかな引越し手順の概要をつかんでみましょう。
また、詳しくはそれぞれのページも参照してみてください。

 

転勤が決まったらすぐ〜3週間くらい前までに

  • 今の住まいの退去連絡
    → 違約金の支払い(家賃の二重払いなども)を少なくするためにも退去連絡は早めに。
         敷金の返却金額にも関わってきます。

  • 転居先(新居)を決めて契約
    → できるだけ多くの物件を見て比較するのが失敗しないコツです。

  • 引越しの見積り・引越し業者の決定
    → 1社だけでなく、複数の業者から見積りを取って比較すると料金を安くできます。

  • 小学校・中学校・高校の転校手続き
    → できれば転校時期も検討してみましょう。

 

2週間くらい前までに

  • 引越しの荷造りを開始
    → 季節ものから荷造りするとよいでしょう。

  • 不用品の処分(粗大ごみに出す場合は回収期間に注意要)
    → リサイクル品として買取りしてもらえるものもあります。

  • 「やめるもの」「変更するもの」の整理
    → 引越しを機にやめるものがないか検討してみましょう。
         住所の変更によって届け先が変わるものなども整理しておくといいですよ。

 

1週間くらい前までに

  • 転出届(住民票)・印鑑登録・原動機付自転車(原付バイク)等の行政手続き
    → 転出届は転出(引越し)の2週間前から手続きできます。

  • 電話・電気・ガス・水道等の手続き
    → 今の住まいの停止届けと転居先の開始届けをまとめてすると効率的です。

  • 銀行・郵便局・クレジットカード会社・保険会社へ住所変更の連絡(引越し後でもOK)
    → 電話やインターネットで簡単に手続きできるものと、書類で手続きが必要なものがあります。

  • 郵便物の転送依頼(転居の届出)
    → あらかじめ届出ておくと、無料で郵便物を転送してもらえるサービスです。

 

2〜3日くらい前までに

  • あいさつに持参する品物を用意
    → 引越しのあいさつ品としては消耗品が喜ばれます。

  • できれば転居先の掃除
    → 時間的な余裕があるなら引越し前に転居先の掃除をしておきたいものです。

 

引越し前日までに

  • 引越し前のご近所へのあいさつ回り
    → 引越し当日はバタバタしますので、前日までにあいさつしておくのがよいでしょう。

 

引越し当日

  • 布団など当日まで使っていたものの荷造り
    → 引越し当日の朝にも荷造りしなくてはいけないものがあります。

  • 荷物の搬出(運び出し)
    → 荷物を運び出しますが、気をつけて運搬して欲しい家具などはあらかじめ伝えておきましょう。

 

転居先へ引越し後

  • 荷物の搬入(運び入れ)
    → 荷物を入れる部屋をしっかり指示できるようにしましょう。
         後になって自分で移動するのは大変です。

  • 荷解き
    → 引越し業者に頼む分と自分で開梱する荷物をしっかり区別しておきましょう。

  • 引越し後のごあいさつ
    → 引越し作業前に近所の方にごあいさつに伺えればベストです。

  • 転入届
    → 引越し2週間後までに手続きが必要です。

  • 自動車・自動二輪(バイク)・免許証等の住所変更手続き
    → 車庫証明なども必要になります。

 

 

転勤までの期間が1ヶ月ないという場合は、このスケジュールを参考に、
優先度に合わせて手際よく手続きや荷造りをしましょう。

 

転勤,引越し,準備,スケジュール

引越しスケジュールを立てよう<関連の記事>

引越し準備でやらなければいけないこと
転勤が決まったら、何をすればいいのでしょうか。転居先への引越しが完了するまでにやるべきことをまずは確認しましょう。